外壁塗装

| コメント(0)

全国のKino-izmファンの皆様
こんばんは☆
太平洋近海で台風が3つも発生しています。
もう日本も亜熱帯地方と同じ、それだけ地球温暖化が進んでいると言っても良いのではないかと将来のことをを危惧しています。
CO2削減、省エネルギーについてもっと注力しないといけない。
2020年に建築基準法が改正され省エネ基準が追加されます。
既にその基準も公表されています(大して基準も厳しくなりません)が、それでも未だに現基準の家を建てている住宅会社の多い事に同じ業界人として大変悲しくなります。
おそらく改正日ギリギリまでこんな状態が続くのでしょうが、そんな業者よりも建てる人がもっともっと勉強するべきだと思う。
しっかりと勉強しておれば知識の無い住宅会社の話しを鵜呑みにする事も無いと思うので。。。

さて現場は・・・
橿原市・Wa様邸、
今日は塗装のシーラー処理を行いました。
シーラー処理とは、外壁下地面などの塗装面に一番最初に塗るもので、その後に塗る中・上塗りと塗装面の密着性を高める役割があります。
下塗りと言われることもありますね。仕上材となる上塗り材には密着性はほとんどありませんので、シーラーが接着剤(両面テープ)のような役割をするのです。
御理解いただけたでしょうか(^^)v
IMG_1496-1498_600.jpg

ほな、また、、、
人気ブログランキングへ

コメントする

〈 前の記事トップページ次の記事 〉
奈良の外断熱注文住宅 有限会社キノハウジング このページ先頭へ