残り1組です!

| コメント(0)

全国のKino-izmファンの皆様
こんばんは☂
今日は一日雨が、降ったり止んだりの1
日でした。

先日より告知しております橿原市・Ns様邸の完全予約制完成内覧会の予約状況ですが、残り1組のみとなりました。
10:00×
11:00×
12:00○
13:00×
14:00×
15:00×
ご覧になりたい方、是非お早めにご予約下さい。
また、見たいけど内覧会開催日には都合がつかないという方も「ダメ元」でお声をかけてください。
場合によってはご案内出来るかもしれません。

さてさて、
Yahoo!ニュースで耐震性について京都大学の研究グループの記事が掲載されています。
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160511-00000004-kyt-sctch

最近では長期優良住宅を手がけている工務店が増えてきました。
Kino-izmも全棟が長期優良住宅です。
しかし、長期優良住宅の耐震等級は2をクリアすると認定を受けることができます。その為、大半の長期優良住宅が最低基準の耐震等級2とのこと。
しかしニュースの記事のように2度の震度7という大きな地震に耐えるためには1回耐える場合の1.5倍の強度が求められると記されています。
即ち耐震等級2では不十分で耐震等級3が求められる最低基準ということになりそうです。
耐震等級3でも実際のところどうなんでしょうか?
早急に専門家による議論が必要、そして法改正と行動しないといけないと記しているところもあります。
この意見には私も賛成です。
Kino-izmでは耐震等級3にこだわり、全ての新築建物で耐震等級3を認定取得しております。
耐震等級3の認定を受けると地震保険も割引を受けることができます。
制震についても検討を重ねており、現段階ではオプションですが25~30万円程度のコストで制震性能を付加することも可能で、今後は積極的に提案していく予定です。
是非、家づくりの際には耐震等級3の住まいを手に入れましょう!

ほな、また、、、
人気ブログランキングへ

コメントする

〈 前の記事トップページ次の記事 〉
奈良の外断熱注文住宅 有限会社キノハウジング このページ先頭へ