現場を知ると・・・

| コメント(0)

全国1億2千万人のKino-izmファンの皆様
こんばんは☆
今日は3年前に改装工事を行わせて頂いたShi様のお宅へ・・・
Shi様はKino-izmのオーナー、Ta様のご実家です。
築30年(くらい)、裏庭にウッドデッキを造りたいとのご希望でしたが、メンテナンス、工事費用も少し高くなりますがタイルデッキにする方がフリーメンテナンスで手間要らず!
とお勧めし、タイルデッキの見積もりをすることになりました。
IMG_7337_600.jpg

ついでにテラス屋根の波板の交換もしようということになりました。
IMG_7339_600.jpg
近日中に見積もりをお届けしますのでしばらくお待ちくださいね!

さて、、、
昨日、今日と週末はあちらこちらで住宅業界でもイベントを行っている業者も多かったようです。
わが家の近所でも週末の二日間、完成見学会を行っている工務店があります。
現場はイベント前日にスタッフが来てきれいに掃除し、準備していました。
見学会だけ見に来られた人たちにはそれなりにきれいに見えていると思います。
しかし、工事中のごみや職人の車両の置き場、上棟時の事前告知の無い道路封鎖、ガードマン不在など、地元住民にとっては本当にイライラがありました。
ご近所なので誰も言わないと思いきや、私が区長という立場であるため何度かの苦情を聞くこともありました。
ご近所だし、同業者であるため、あまり口出しすると要らない時間を使うことになるし「嫌がらせ」のように思われるのも嫌なので辛抱していました。
こういう業者ってどうなのでしょうか?
工事中の見学会も公開していましたが、「ん?」と思うところもありました。
自分達の事だけ考え集客に徹するとこんな風になるのでしょう。
私はこんな風ではないですが、改めて背筋を伸ばし、どのような現場でも100%いつでも公開できるよう努めなくてはならない!そう感じた週末でした。

ボヤキはこれくらいにしときまっさー
ほな、また、、、
人気ブログランキングへ

コメントする

〈 前の記事トップページ次の記事 〉
奈良の外断熱注文住宅 有限会社キノハウジング このページ先頭へ