真面目に丁寧に・・・

| コメント(0)

全国のKino-izmファンの皆様
こんばんは☆

丁寧に物をつくる。
これは住宅に限らずどのような物づくりにも言えることです。
隠れてしまうから適当でいいとか、安価だからこの程度だという安かろ悪かろでは話になりません。
ましてや住宅のように一生に一度か二度といわれる高価な買い物です。
信頼している建築業者でもお粗末な工事をしているケースも有ります。
今回、大改造リノベーションで何箇所かそういう所があり、本当に残念に思います。
将来、またこの住まいでリフォームを行う際に、もちろんKino-izmに依頼頂けるようこれからずっとお付き合いをさせて頂くのですが、もしか他の業者が行ったとしても「丁寧に仕事されていた!」と思って頂けるよう、島津棟梁とシッカリ造り上げて行こうと思っています。
写真は筋交いと管柱をカットされています。
筋交いの必要と思われる壁面で、筋交いを切るだけでなく、柱も半分欠きこむとは・・・ほんとうにビックリです!
おそらく二度目のリフォームの際に行ったように思います。
L1080948-1_600.jpg
シッカリと補強して壁中に納めます。
またココだけに限らず、補強すべきところはシッカリと補強し、今まで以上に耐震性能もアップするよう努めたいと思います。
L1080958-1_600.jpg

さて、大和の家vol.8-Ne様邸
今日はようやく外部の軒先の塗装を行うことが出来ました。
外部の天候に左右される作業は本当に予想が付かない時も有ります。
L1080964-1_600.jpg

屋内は内装工事の真っ只中
クロス張りの工事の下地処理中、
計3回、パテを塗り下地を均します。。。
L1080960-1_600.jpg
高所が苦手な私にはたとえ技術があっても無理なこと・・・こういう職人さんたちに支えてもらって、私も一人前なのです。
ありがたや~感謝感謝感謝。
コツコツ丁寧に、そして真面目に!
それはリノベーションだけでなく、当然ながら新築の工事でも同じことです。

明日は、新規のご家族に、築2年、Kino-izmのダブル断熱の住まい手のお話をお聞きいただくため、訪問させて頂きます。

ほな、また、、、
人気ブログランキングへ

コメントする

〈 前の記事トップページ次の記事 〉
奈良の外断熱注文住宅 有限会社キノハウジング このページ先頭へ