真心込めて家づくり

| コメント(0)

全国のKino-izmファンの皆様
こんばんは☆
今日は大変暖かい一日でしたネ!

現場も作業が大変捗りました。
大改造リノベーション・Se様邸
屋根瓦を全て撤去し、野地板の上から合板を張って補強しました。
L1080999-1_600.jpg

L1090013-1_600.jpg
このように綺麗な状態になるまで、瓦の下はどうなっているのか・・・
ものすごい土の量なのです。
土の撤去には機械を使うわけにはいかないのでひたすら人の手で片付けて行くのです。
L1090019-1_600.jpg

L1090017-1_600.jpg
今日も何人の職人が居たのか・・・?
無事、綺麗に屋根の土は降ろして、合板を張り、アスファルトルーフィングを張り終えました。
これで雨は降ってもダイジョウブなのだ!

大和の家vol.8-Ne様邸
予定より一日早く、今日で内装工事が終わりました。
外壁では光触媒の塗布作業を始めています。
この作業も雨が天敵!
少しでも降ると作業が出来ません。
今日のように天候の良い日が続くと良いのですが、天候が崩れそうなので工程日数も2日余分に組んでいます。
L1090021_600.jpg

外構工事の終盤をむかえているShi様邸
今日はエントランスの敷き石の工事を行いました。
L1090025-1_600.jpg
あとは塀に色付けをし、表札を取付て工事も完了です。

Kino-izmでは現在3現場が進行中、
そして確認申請準備中の現場が3件、契約準備中の現場が2件ございます。
どれもこれも個性的でそれぞれが施主様の意向を出来る限り活かすことができるよう、十分なコミュニケーションをとり、進めて行きます。
昨日、半日ゆっくりと自宅でくつろぎ、TVで録画しておいた真心(まごころ)について放送されていたものを見ました。
Kino-izmの家づくりでは、「耐震性」と「断熱性」、「気密性」にこだわり、家中では快適に過ごせる"暑い""寒い"ストレスを感じないよう、そして末永く住み続けて頂ける家が本物と位置付け絶えず研鑽に努めています。
そこには当然のこと「真心」をこめ、携わる全ての家が「自分の家を建てる」という気持ちで家づくりをしています。
我々の業界では大手ハウスメーカーから小さな町の工務店まで数万社という会社がありますが、その中から選んで頂いた、その気持ちを忘れてはいけないし、ご期待に応えることが出来て初めて、真心のこもった家を建てさせていただき、施主様にも「木野に頼んで良かった」と思って頂けると信じています。

んーーー、ちょっと難しい話ししてしまったかなー、、、
言いたいこと半分くらい解ってもらえたかなー?
もう少し上手く書ければいいのになーと思います。

今、後悔することといえば、、、学生時代にもっと本を読んで、こういう文書の書き方を勉強しておけばよかったと、そうすればもっと上手く皆様に私の考えてることを伝えつことが出来るのにねー!
そんなこと思いながら反省しきりの木野なのであります(>_<)

ま、今日はこれくらいにしときまっさー!!!
ほな、また、、、
人気ブログランキングへ

コメントする

〈 前の記事トップページ次の記事 〉
奈良の外断熱注文住宅 有限会社キノハウジング このページ先頭へ