奈良でダブル断熱の家を建てる

| コメント(0)

全国のKino-izmファンの皆様
こんばんは☆
今日も寒い一日でした。。。。。

朝一番、急遽連絡が入ったので生駒郡・M&H様邸の地盤調査に立ち会いました。
高台からの眺めはいつ見てもすばらすぃー(^^)ですが、今日はそんなPhotoは無しですよ!
スウェーデン式サウンディング試験による地盤調査です。
錐の先のようなものを地中に挿しこんで、一定の圧力を掛けてどこまで入って行くか・・・を調べデータを取得して地耐力を調べる調査方法です。
L1080610-1_600.jpg

L1080616-1_600.jpg
数日のうちに調査データが解析されます。
Kino-izmでは2社の地盤保証会社に調査データの判定を依頼します。
1社で判定するより2社で判定する、いわゆるセカンドオピニオンの考え方でより適切な判定を行います。
M&H様、しばらくお待ちくださいね。

立会い後、大和の家vol.8-Ne様邸へ、
明日の躯体検査に向けて耐力壁、金物などキッチリと施工が完了してました。
写真はバルコニーのFRP防水工事の作業中状況、
L1080621_600.jpg

次はゼロ・エネルギー化推進事業採択の住まい・Ta様邸
内装工事が完了し、玄関タイルも今日で貼り終えました。
23日の引き渡しに向け、最後のラストスパート
L1080624_600.jpg

今日はもう一つネタあります。
LIXILより、営業担当者とサッシ専属の担当者2名でエルスターXに関するプレゼンがありました。
IMG_6752_600.jpg
YKK-APのAPW330と比較するとエルスターXの方が性能が良いのは言うまでも有りません。
万一、ガラスが割れた時でも現場でガラスを交換できるという点もAPW330に比べるとサービス面で優っていると
思います。
ただ、まだまだバリエーションが少なすぎることと、カラーも少ない、外観4色と内観色はホワイトのみです。
樹脂だから色々なカラーが可能なはずなのですが、、、
IMG_6755_600.jpg
まぁ、コストを抑えようとするとどうしてもバリエーションを絞り込み、大量生産につなげていかないと成り立ちません。
でも、肝心のコスト、、、
もうチョッと何とかならないものかなと思いました。
ここは我々工務店側が積極的に取り入れて、生産コストを下げて行かないと中々普及していかないと思います。
近いうちに、メーカーの協力で全窓エルスターX、ダブル断熱の家・
第1棟目を施工出来ればと前向きに考えて行きたいです。
LIXILさん、早く普及させてね~
でも、樹脂サッシの話、興味の無い工務店が多すぎます。
アルミサッシとグラスウール10Kで省エネと勘違いしている工務店が多すぎ!
もっと勉強して欲しいものです。

ほな、また、、、
人気ブログランキングへ

コメントする

〈 前の記事トップページ次の記事 〉
奈良の外断熱注文住宅 有限会社キノハウジング このページ先頭へ