今後の補助金

| コメント(0)

全国のKino-izmファンの皆様
こんばんは!
水曜日で店のシャッターは下ろしたままでしたが、今日も一日ガッツリ働いておりました(^^)

で、補助金の話
既にご存知の方も多いと思いますが、エコポイントが復活します。
新築で30万ポイント、改築で最高45万ポイント(耐震改修した場合)が給付されます。
しかーし、その期日が、国の政策閣議決定後(H26.12.27)の請負契約締結というのは面白くありません。
既に契約を済ませている場合は該当しないということらしい。
その内容、リフォームは窓や設備、断熱、耐震などそれぞれ細かなポイントを設けていますが新築は一律30万ポイント、これも性能をランク分けして、より一層省エネルギー住宅のレベルを上げる為の努力を国が先導しないといつまで経っても住宅の基本性能を上げて行けないと思う。

他に今年度、地域型住宅ブランド化事業と住宅のゼロ・エネルギー化推進事業というのが有りましたが、27年度は二つの事業を一本化して、地域型住宅グリーン化事業となります。
今年度、ゼロ・エネルギー化推進事業では165万円、地域型住宅ブランド化事業では100万円の補助金が交付されていましたが、補助金額も最大185万円(ゼロエネ+地域材50%以上の場合)とのことです。
さらに、低炭素住宅では120万円が交付されるらしい・・・こちらは今まで省エネ住宅を手掛けていない工務店にとってもハードルが低いので取り組みやすいのではないでしょうか。
しかし、取り組みやすいと言っても、それなりに勉強しないといけません。
今まで、ゼロ・エネルギー化推進事業や、地域型住宅ブランド化事業を手掛けてきた工務店と、何も取り組んでいない工務店との知識・施工技術の差は大きいと思います。

これから住まいを手に入れようと考えておられる方は、こういった制度を十分に生かしてくれる工務店を選ばないと交付可能な補助金を手に入れることが出来なくなります。
家づくりをするときはこういったことも勉強し、後悔しないようにしましょう!

ほな、また、、、
人気ブログランキングへ

コメントする

〈 前の記事トップページ次の記事 〉
奈良の外断熱注文住宅 有限会社キノハウジング このページ先頭へ