自然素材って?!

| コメント(0)

今日は日曜日、
世間は休み、、、ですがKino-izmは殆ど年中無休状態(^^;;;
で、今日は、午前中間もなく始まるTa様邸、解体工事前の隣家の家屋調査。
通常、木造の住宅の解体の場合、都心部のように隙間なく建て並んでいる場合を除いてこのようなことは行いません。
ですが、今回は隣家のご要望で行いました。
あとでクレームが出ると何かとお付き合いもし難くなりますので・・・。
お聞きしていると親戚に大阪府下の建築関係の方が居られるようで、その地ではこのようなことが普通なのでありましょう。
次の予定が有りましたので、調査が全て終わる前に一足先に私は失礼しました。

午後は、大和の家vol.7-Yo様邸の打合せ。
今日は内装のドア関係を打合せしました。
1歳をすぎたT君は歩けるようになってきました。
これから成長していくのを見るのも楽しみです(^^)

さて、、、
タイトルの自然素材に付いて、、、
弊社の近所でもこの週末、完成見学会が行われています。
無垢のひのき、や漆喰といったキーワードがチラシに書かれています。
この会社のことを言うのではありませんがどこまで本当に自然素材なのか?
自然素材だから、アレルギー性の過敏な方に向いているとか、そんな解釈されてる方は居ませんか?
自然素材の中には、アレルギー反応を起こす成分もあるのです。
たとえば、小麦粉、そば粉、卵などが代表的なもの。
その成分と似通った性質のものが含まれているかどうかは、その素材の製造メーカーに聞かなくては解らない場合がほとんどです。
時には調べても解らない事もあります。
無垢の木材は良いにしても、漆喰や珪藻土、塗料などは殆ど接着剤という化学成分が含有されているし日本の場合、欧米諸国に比べると、素材の成分表示の基準が緩すぎるのです。
だから、どこまで信用できるか・・・
なかなかうまく説明できませんが、如何にして良い自然素材と出会うか、探し出すに一苦労が必要です。
これから家づくりをされる方は、こういったことも頭の片隅に置いて、素材選びをされると良いと思います。

ほな、また、、、
人気ブログランキングへ

コメントする

〈 前の記事トップページ次の記事 〉
奈良の外断熱注文住宅 有限会社キノハウジング このページ先頭へ